マッサージについて(リンパマッサージ・オイルマッサージ)

MASSAGE GUIDE

マッサージ

massage

マッサージとは、手の平や指を使って行う治療法の一つです。手の平や指を使用して皮膚の表面を擦る、揉む、叩くといった事を行います。

マッサージで得られる効果とは、筋肉の緊張を緩和させる、リラックス、体の機能回復といったものがあります。体の悩みに合わせた施術を行うことで症状が解消されます。

歴史

マッサージという言葉は、マッサージの動作の基本を様々な国の単語を組み合せてできました。のギリシア語のマッシー(揉む)、アラビア語のマス(揉み込む)、フランス語のアジ(操作する)といった言葉です。

紀元前4~5世紀に、医聖ぽクラテスがマッサージについて力説したと言われております。しかし、後にすぐマッサージが広がったというわけではなく、16世紀後半にフランスでマッサージの効用について発表されたことがきっかけで、世に広がりました。

日本にマッサージが普及されたのは明治20年代はじめのことです。日本古来の按摩とマッサージを総合して、日本独自の手技を作ったのです。
医療の一部としてマッサージが取り入れられていたのですが、一般でも関心が高まって、需要が増加しました。治療という目的だけではなく、健康増進、健康維持、精神緊張緩和などの効果があるとして活用されております。

世界

sekai

マッサージは、日本だけではなく、世界で独自の施術が行われております。

・タイ
タイ古式マッサージという施術は、ストレッチ、指圧、整体などを組み合わせて行われております。全身のエネルギーが通っているラインを中心に施術を行い、調子を整えます。血液、リンパ液の流れを活性化させます。

・ハワイ
王族の時代から伝わっているものです。ハワイアンマッサージはロミロミとも呼ばれています。ロミロミの最大の特徴というのは、リズミカrぬに施術をするといった点です。オイルを使用し、神経系の伝達の向上、血流の改善、筋肉の疲労回復といった効果があります。

・韓国
体内に蓄積されている老廃物を排出してくれる効果が高いです。アカスリでは古い角質を除去する効果、塩を体に揉み込むことで汚れを除去する効果があります。カピトンパックと呼ばれるパックを使用する施術は、体内の毒素、老廃物の排出を促してくれます。